収納不足も解消するオーダー家具

住宅には実に様々なデッドスペースが存在しています。たとえば階段の下やキッチンの上などは、デッドスペースになりがちな代表的な場所と言うことができるでしょう。そんなデッドスペースを有効活用し、住宅の収納不足も解消してしまうことができるのが、オーダー家具を活用する方法です。

オーダー家具を利用するメリットとしては、まず寸法や使い勝手を住宅に合わせて選ぶことができる点を挙げることができます。既存品の戸棚やキャビネットでデッドスペースを埋めようとした場合、寸法が合わずにおさめきることができなかったり、扉の開く方向などで使い勝手が著しく悪くなってしまうことがしばしばあります。しかし、オーダー家具であれば、そういった心配をする必要がないのです。

部屋のテイストにも合わせやすい

またオーダー家具では、デザインはもちろんのこと、細かく素材や色合いも指定することが可能になっています。そのため、部屋のテイストに合わせやすくなっており、後から付け加えた設備であっても、まるで最初から備え付けられていた家具のように見せることができます。部屋に対しての強いこだわりがある方ほど、積極的に活用したい選択肢ということができるでしょう。

予算と時間には十分な余裕を持とう

ただし、既存品の家具を使用する場合と比較して、若干費用が高額になりがちであり、また一から作成する関係上、時間が掛かるケースが多くなっています。そのため、オーダー家具の購入を検討する際には、予算と時間に余裕を持った上で、しっかりと業者の方と相談を重ねることも重要なポイントになっています。

和モダンとは洋風の家に和のテイストを入れたものです。カーテンの代わりに障子にしてみたり、扉を和の感じのものにするだけで何となく気持ちが落ち着くのが不思議です。