ホワイトクリスマスをイメージして

色にはそれぞれ、人に与える印象や意味があり、ゲストにどんな印象をあたえたいのか、どんな思いを持ち帰ってもらいたいのかをじっくりと想像してみることが大切です。もちろん、二人にとって大切なカラーをセレクトするのもいいですし、季節に合わせてもいいでしょう。

たとえば、クリスマスのシーズンなら、雪を思わせるホワイトの世界に、スモーキーであたたかみのあるカラーを組み合わせて、ホワイトクリスマスをイメージしたデコレーションにしてみましょう。あえて定番のレッドとグリーンを使用せずに、クリスマスモチーフをセンス良く取り入れれば断然おしゃれなワンダーランドが完成です。毎年、その季節が訪れるたびに、自分たちはもちろん、出席してくれたゲストも、一緒に過ごした楽しい時間を思い出してくれるでしょう。

ホワイトの世界にモチーフをちりばめて

エントランス部分には、ホワイトのグラデーションが美しい天井から連なったバラの花びらのカーテンを吊るしてゲストをお出迎えしましょう。ゲストのネームが書かれたカードの裏には、テーブルナンバーを書いておきます。自分の名前を探しながら、ゲストもこれからはじまるパーティへの期待も高まっていくでしょう。このエントランスに飾り付けたカードをレオパード柄にして、同じ柄のシュガーケーキを会場内に用意するといいですよ。ケーキは、ビジューをアクセントにする一工夫を加えます。周りには、ウインターシーズンにあうようなキュートなスイーツで飾り付けましょう。

ゲストテーブルには、イノセントなオーストリッチの羽根をデコレーションして舞い散る雪を演出します。ガーデンやエントランスにはかわいいスノーマンを飾り付ければ、ウエルカムサインになりますよ。

四日市の結婚式場は交通の要衝にあり、参加者の人数や予算に合わせ記念すべき日を飾れるように決めると効果的です。